サロン・ド・ヴィータについて

アロマセラピーとは

簡単にご説明します。
アロマ(精油)とは、香る分子を持った植物の濃縮されたエッセンスです。

世界中には多くの植物が存在します。
かつて薬草やハーブとして重宝されていた植物には
特に人を癒すチカラが存在しています。

現在では、化学的に成分分析が出来るようになり
薬と同じような成分も入っていることが分かるようになりました。

主にハーブ類から作られたアロマ(精油)を体内に取り込むことで、
リラクゼーションなど大きな効果が認められています。

アロマ(精油)

体内へ取り込まれるルート

1呼吸
新鮮な空気と共に肺に成分が届くと、酸素と共に血流にのり体内を巡ります
2脳へのシグナル
リラックスを感じる副交感神経にシグナルを送ります
3皮膚からの吸収
油分は肌から浸透します。毛細血管より体内を巡ります

アロマセラピーイメージ

アロマ(精油)の成分には、 様々なチカラがあります。
鎮痛作用、冷却作用、ホルモン調整作用、血行促進、利尿などなど。

「植物のチカラ」を日常生活の中で簡単に取り入れられる方法です。

アロマセラピーは、①~③全てのルートから植物のチカラ
からだ・こころ・肌を改善してゆくお手伝いをします。

③のアロマセラピーは、 身体のオイルトリートメントです。
直接、 からだに触れさせて頂くことで、アロマの浸透だけでなく
肩こり・腰痛などの肉体的なほぐしや気になる症状の緩和などに
ご利用いただけます。